海の向こうからいぬ語り④ ブリーダーから子犬を得るということ

by 藤田りか子 2018.05.29

待った、待った。もう2年越しになる。


12月のある朝、ブリーダーに「ええ、カーリーコーテッドの子、4頭が生まれているわよ」と連絡を受けた。


やった~!と小躍り。目からは嬉し涙。北欧の冬の暗さと憂鬱さにすっかりげんなりしていた私の眼前に、とつぜん太陽キラキラのパラダイス風景が繰り広げられた。




北欧では犬のペットショップでの販売は法律で禁じられている。だから、犬を得るときはブリーダーに直接交渉しなければならないのだが、なにしろブリーダーも皆、趣味で行っている。多くは別にメインの職をもっている人々だ。


なので、1年にあるいは2年に1度程度の割合でブリーディングしている犬舎がほとんど。だからすぐに犬が手に入る、というわけにはいかない。


それも、特にこちらにいろいろ要求があると…。欲しい犬種を定め、ショードッグとして、スポーツドッグとしてよい記録を残している親から生まれていて、さらに健康な犬、となるとチョイスはひどく狭まってくる。


この犬種はそれでなくとも、同じレトリーバーのゴールデンやラブほど犬舎がたくさんあるわけではないし、そもそもあまり人気がない犬種だ。


数年前からいろいろな犬舎に連絡を取り、子犬の予定を聞き回った。予定して交配させたものの、妊娠には至らないケースもいくつかあった。もう2度とこの犬種を持てないのではないか、と一時はとても悲観的になった。だから、自分の望む犬を持つブリーダーから連絡がきたとき、その喜びもひとしおだ。




何でもかんでも、欲しいときに欲しいものをショップで気軽に手に入れるより、命を扱うのであればこれぐらいの苦労と不自由さがある方がかえっていいのではないか。ありがたい、という気持ちも増す。これがブリーダーから犬を得るシステムのひとつの利点でもある。


それに、このシステムであれば、衝動買いというリスクも避けられる。買い手がじっくりと事前調査し始めるからだ。ペットショップのように、行きあたりばったりで「どの子にしようかな」は不可能だ。まずは、どの犬種のブリーダーを訪れなければいけないのか、から考えなければならない。そこで犬種の調査を始める。自分の気質に合っているか、家庭環境は犬種に合っているか、運動量を賄いきれるか。


子犬が4週目になったとき、犬舎を訪れることができた。そこで環境を見て、両親犬を見て、そしてブリーダーにいろいろ質問ができる。兄弟犬の中から気に入った子を選び、子犬が8週齢になった4週間後、引き取りに行く。




ブリーダーから犬を得るのであれば、まず両親犬の血統を事前にじっくりと調べることができる。たとえば私の犬の母犬はアメリカ系の血統であり、そして父犬は北欧系。なかなかユニークなコンビネーション。それに地理的に離れているので、血縁が遠くなるというのは満点。


このブリーダーは、レトリービングのスポーツや足跡追求などのスポーツを行い、彼女の犬達の何頭かは大きな賞を取っている。ということは、ここの犬達は概して気質もいいということだ(スポーツを覚えやすい犬というのは、人間とコンタクトを取りやすい)。


それから最近では、facebookというテクノロジーもある。ブリーダーが、子犬の買い手たちにどれだけ頻繁にコンタクトを取ってフォローアップを行っているか、というのもFBで察することができる。


子犬がどんな風な犬に成長しているか、子犬の新しい家庭に対してどれだけ関心があるか、新しいオーナーといかにコンタクトを築き、いっしょにドッグショーやスポーツを楽しんでいるか。これらの要素はすべて、「ブリーダーがいかに責任を持って犬をブリーディングしているか」を教えてくれる素晴らしいバロメーターとなる。




以上のように、ブリーダーから犬を得るというシステムでは、「ブリーダーを選ぶ」という、私たち買い手からのシビアな圧力がかかりやすい。結果、ブリーダーの質が向上する。


血統種の犬を作るというのは、単に「贅沢品」の製造ではない。そこにはブリーダーのたくさんの努力が込められている。より遺伝性疾患を避けやすくなり、より家庭犬として気質のいい犬が生まれてくる可能性が高まる。


そして私たち買い手がブリーダーにどれほど「多く」を要求するかによって、ブリーダーの質は年々高まっていくことになる。


一方で、ブリーダーも買い手を選ぶという風潮が、このシステムでは存在しやすい。手塩にかけて育てた犬たちだ。いい加減に飼ってもらっては、今までの努力を無駄にされてしまう。ブリーダーの努力に報いてくれるだけの家庭に犬を送りたいはずだ。


私も、自分がどれだけ「良き飼い主」か、おおいにブリーダーにPRしたものだ。住んでいるまわりの環境の写真を送ったり、普段どんな風に犬と接しているのか、将来新しい犬と何をしたいのか、その詳細のメールも送った。


この考え方に慣れない、日本に住む私の母はびっくりした。「買い手が、そんなに売り手にペコペコすることが必要なの?」と。


そう、「商品」が命あるものである限り、むしろ買い手の質は選ばれるべきである。お金を積むだけでは欲しいものは手に入らない。「お客様は神様です」思想は、生き物を扱う世界では存在してはいけない。




そして、待望の子犬「ラッコ」がわが家にやってきた。


ラッコは掃除機の音を聞いても驚かない。スウェーデンでは、多くのホビーブリーダーが家の中で犬を飼う。つまりブリーダーの家が母犬の「犬小屋」であり、そこで大人や家族の子供達と育つ子犬たちは、家庭にある普通の雑音にすっかり慣れている。


おまけにラッコは、欲しいものがあるとクレクレと立ち上がるかわりに、すでにちょこんと座わって待とうとするではないか。たった8週目の子犬なのに!


リードにもある程度慣れている(しかしまだまだ練習が必要だ!)。


そして、レトリーバーたるもの、ものをくわえることに躊躇してはいけないのだが、くわえるどころか、こちらに持ってこようとする! ブリーダーによると、ためしにすでに鳥もくわえさせたとのこと。


厳しいトレーニングを施す、というのではなく、ブリーダーはこれらを兄弟犬達との楽しい遊びの中で、すでにやってくれているのである。おかげでラッコは将来、鳥をくわえることに躊躇することはないだろう(多くの犬は必ずしも積極的に鳥をくわえるわけではなく、最初はとても気持ち悪がる)。


ちなみに、子犬とともにブリーダーから手渡されたのは、パピーキット。子犬の新しい生活に必要なものが箱に詰められているのだけど、その中にウサギの皮でカバーされたダミー(回収の練習に使うときの物品)が入っていた。さすが、レトリーバーの犬舎ならでは!


こんな風に自分の犬種を愛し、責任のあるブリーダーなら、これから彼らの犬が新しい家庭で「良き家庭犬」として機能するよう、そして犬種らしい「特技」を発揮できるよう、ある程度お膳立てしてくれている。決して血統だけに頼っているわけではない。


いいたいのは、ショップよりもむしろブリーダーから犬を得るという風潮が、日本にもこれからなんとかやって来て欲しいということ。ブリーダーが丹念に犬を育て、飼い手が丹念に犬を選ぶ。そのことで、不幸な犬というのは断然減るのではないか?


血統犬種をブリーダーから得よう、というのは決して贅沢なこととは私は思わない。むしろ、犬の人口や健康状態、気質をよりコントロールできる意味で、より倫理的な犬飼いにつながる。


これはスウェーデンがすでに証明してくれていることだ。捨て犬の問題が他の先進国ほど存在しないのは、このように買い手によって、そして犬種クラブやケネルクラブによって完全にコントロールされたブリーダーの存在が多いに貢献していると思うのだ。


それになによりも、facebookを通して、より人間同士の、温かみのあるブリーダーとの交流を経験することができた。ブリーダーから犬を買う、というのは実にいいことずくめなのだ。


※本記事はブログメディア「dog actually」に2013年1月24日に初出したものを、一部修正して公開しています


【この連載について】

世界中どこでも、人がいるところには犬がいます。両者の関係も、国が違えば千差万別、十人十色! スウェーデン在住のドッグライター・藤田りか子さんが、海の向こうからワールドワイドな犬情報を提供してくれるこの連載。あなたの常識を吹き飛ばす、犬との新しい付き合い方が見つかるかも?


【藤田りか子 プロフィール】

スウェーデン在住。レトリーバー2匹と暮らす。トレーニングは趣味、競技会はパッション。著書に「最新世界の犬種大図鑑(誠文堂新光社)」。犬雑誌「TERRA CANINA」編集者、Web「犬曰く」で活躍。

コメント0

ADVERTISEMENT