Now Loading...

Now Loading...

「予防」の検索結果

注意したい!フェレットの誤飲

みなさん、フェレットの名前の由来はご存じでしょうか? 実は、フェレットはラテン語で「泥棒、盗む」という意味が語源なのです。フェレットにとっては失礼なお話かもしれ…

便利な〇〇〇に潜む危険!? お散歩中の想定外のトラブル対策。

ワンちゃんと飼い主様をつなぐリードが、お散歩中の事故の原因のひとつになることがあります。その中でも伸縮リードを使っている時に起きた事例をもとに使用上の注意点を考…

【注意報発令】誤飲事故の第2ピークはじまります

ワンちゃんが食べてはいけないものを口にしてしまう誤飲事故。 私たち人間がおいしく食べていても、ワンちゃんが食べてはいけないものもあります。そのひとつがバレンタイ…

簡単にできる!猫ちゃんの膀胱炎予防

▲(レック・2才・男の子) わが家には、2頭の猫ちゃんがいます。 ミュウちゃん(12才・女の子)と、レックちゃん(2才・男の子)です。5年前は4頭のネコちゃんと…

【ペットの110番】 わが子がピンチのときはどうすればいい? 

ペットの緊急時は飼い主さんの出番。しっかり備えを 1月10日は「110番の日」。ペットに110番はありませんが、緊急時の備えは飼い主が日頃から心がけておくことが…

【獣医師監修】犬と猫の寿命は人間より伸びていた!犬種別の寿命は?

アニコムが2010年から毎年出している『家庭どうぶつ白書』。アニコム損保のペット保険の保険金請求データや、ご契約者向けアンケートなどを分析してまとめ、WEBから…

犬と猫の誤飲事故を起こさないために知っておきたい3つの対策とは?

ワンちゃん、ネコちゃんが食べてはいけないものを口にしてしまう誤飲。場合によっては、手術をしたり、死に至ることもある悲しい事故のひとつです。 とはいえ、必要以上に…

~鳥さんを元気で長生きする子に育てる4つの秘訣!~

アニコムのデータによると、お迎え後1年以内の鳥さんの死亡解約割合は約13%もあり、これは他のどうぶつさんの2倍以上の数値です。 しかし、2年目には約4%と、その…

【ペットの熱中症対策】2019年夏! 読んでおいてほしい記事5選

まもなく夏本番! …と、くれば、考えなくてはいけないのがペットの熱中症対策。重篤な場合は命にかかわることがある危険な疾病ですが、飼い主さんの心がけひとつで防ぐこ…

「あれっ!○○ちゃんがいない!!」愛犬を危険や恐怖から守るためにできること

外飼いのワンちゃんや庭で遊んでいるワンちゃんから、ほんの少し目を離した隙に“いなくなった”というのは珍しいことではありません。大切なワンちゃんが突然いなくなって…

ペットがこんな時はすぐ病院へ②

急いで病院に行った方がよいペットの症状とはどのような場合でしょうか。 前回は「交通事故」「誤飲」「外陰部からの膿」「けいれん」「呼吸困難」の5つを紹介しました。…

ペットがこんな時はすぐ病院へ①

ペットの様子がおかしいとき、どんな症状であれば、すぐに病院へ連れて行くべきなのでしょうか。2回に分けて「病院に駆け込むべき10の症状」を紹介します。 ①交通事故…