一緒にいても油断は禁物?実際に起きた悲しい事故。

2020.06.02

ADVERTISEMENT

アニコムでは毎年6月25日を無事故の日として、事故の予防啓発を目的とした活動を行っています。
ステイホームや在宅勤務等で、ワンちゃんと一緒に過ごす時間が長くなったという方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな時に気を付けたいワンちゃんと一緒にいたのに起きてしまった事故とその予防策をお伝えします。

すぐそばにいたのに、、、

元気に走るワイマラナー

外のお掃除をしようと玄関を開けたところ、家を飛び出してしまったソラちゃん(仮名/ワイマラナー・7歳・男の子)。
テンションが上がったソラちゃんは、たまたま家の前を通りかかったお散歩中のワンちゃん(トイプードル)と飼い主さん(以下、被害者)に飛びついてケガをさせてしまいました。

その後、被害者から慰謝料70万円の請求が!
また、保健所と警察から連絡が入り、刑事事件にも発展してしまいました。

その後の悲しい結末。

この事故は、70万円を支払うことで示談となりました。
しかし、示談金だけでは済まない要求もあったのです。
それは「ソラちゃんの殺処分」でした。

「殺処分なんて受け入れられない。」ソラちゃんの飼い主さんは必死に訴え続けました。
その結果、妥協案として提示されたのは「ソラちゃんを里親に出す」ということでした。

飼い主さんは、ソラちゃんの命を救うため里親という決断をされました。
長年一緒に住んでいたお宅に、もうソラちゃんの姿はありません、、、

これは、アニコムに保険金請求された、実例のひとつです。
非常に悲しい事故、、、このようなことは二度と起きてほしくありません!!

どうすれば防げた?

困り顔のワンちゃん

では、どうしたら今回の事故を防ぐことができたのでしょうか?

例えば、
・玄関前に柵を設置する。
・ドアを開閉する際には、ワンちゃんがそばにいないことを確認してから行う。
・ワンちゃんをリードにつないでからドアを開ける。

など、いずれも簡単にできることばかりです。

そのほかにも、あんな事故やこんな事故

そばにいたのに発生してしまった事故には、他にも以下のようなものがあります。

・庭に繋いでいたはずが、目を離していた間に逃げ出し、通りがかりの人を咬んでしまった
・玄関で宅配便を受け取っていたら、配達員さんに飛びついてケガをさせてしまった
・自宅に来ていた介護士さんを咬んでしまった
・遊びに来ていた友人の靴をガジガジしてしまった
・泊まっている知人のノートパソコンに、寝ている間におしっこをしてしまった
・外に繋いでいたはずなのに、気づいたらお隣の車をガリガリしていた
・友人宅で走り回り、テレビに激突してしまった

いずれの事故も、場合によっては、紹介した事例のように悲しい結末を迎えることにもなりかねないのです。

事故を起こさないために。

家族に囲まれているワンちゃん

このような事故を起こさないためにも、以下のことを実践していきましょう。

1.ワンちゃんとたくさん遊んであげよう
 事故を起こしてしまう原因の1つに、ワンちゃんのストレスが考えられます。
 ワンちゃんは飼い主さんが大好き。飼い主さんと遊ぶことが一番のストレス発散に繋がります。
 一緒にいる時はたくさんスキンシップをとって、ストレスを発散させてあげましょう。

2.サークルやリードを活用しよう
 やむを得ず短時間でも目を離すときには、サークルやリードを活用しましょう。
 そして、出してあげた後には「よくできたね」とたくさん褒めてあげましょう。
 大好きな飼い主さんに褒められることはワンちゃんにとってご褒美になります。
 「終わった後にご褒美がある」とわかれば、サークルやリードもワンちゃんにとって嫌なものではなくなります。是非チャレンジしてみてください。


【関連記事】
「あれっ!○○ちゃんがいない!!」愛犬を危険や恐怖から守るためにできること
どう防ぐ?ワンちゃんが起こす玄関先のトラブル

目指せ無事故!

飼い主さんとワンちゃんの笑顔の写真

今回は実際に起きてしまった事故とともに、予防策についてお伝えいたしました。

アニコムでは電話およびインターネットでしつけ相談も行ってます。
お困りごとがありましたら、お気軽にご連絡ください。
教えて!アニコム損保!

最後になりますが、目指せ無事故!
これからも事故の予防に役立つ情報を発信していきます。

【関連記事】
“6月25日は無事故の日” 賠責事故ゼロの秋田犬の飼い主さんに無事故の秘訣についてインタビュー!

文責:アニコム損害保険株式会社 ペット賠償責任特約担当 小林朗拓

ADVERTISEMENT
コメント1

ナガシマヒロエさん

こんにちは😃
いつもお世話になります。

よく見かける事なのですが、
わんことお散歩中にスーパー等に買い物に寄る飼い主さんがいます。
お連れさんがいるのであれば
どちらかがわんことお外で待つが
通常となりますが
建物の近くにわんこを繋いで
買い物をする飼い主さんを
見かけます。
わんこはけっこう長い時間
待たされているのか
建物の中を見ながらキャンキャン
鳴いています。
私は見てられずスーパーの定員さんに
声をかけました。
繋いで買い物をする飼い主さんが
多いんだと定員さんは言ってました。
身勝手な飼い主さんに
怒りと残念な気持ちになります。
このような事があってはならないと
思いますが私には何もできません。
アニコムさんから世の中に
メッセージを伝えて頂きたく思い
書かせて頂きました。
是非ご検討よろしくお願いします。

|