子犬を迎えたら知っておきたいトレーニング④ ~おもちゃで楽しく~

2019.06.12

おもちゃを与えたのに遊ぼうとしないとお困りの方はいらっしゃいませんか?子犬のうちは、遊び方がわからなくて当たり前です。一緒に楽しみながら、基本の遊び方を教えてあげましょう。


持っておいで

「おもちゃ投げたら追いかける」ことは、たいていのワンちゃんができるでしょう。でも、飼い主さんのところまで「持って帰ってくる」ことは、教えないとできません。


ワンちゃんが、おもちゃをくわえて近くまで寄ってきたら、おやつをあげたり、「いい子~」とほめてあげて、「持って帰ってくるといいことが起きる」と覚えてもらいましょう。


追いかけっこ

ワンちゃんは、何かを追いかけるのが大好きなので、追いかけっこ遊びも喜びます。が、飼い主さん主導の関係を保つために注意したいことがあります。それは、ワンちゃんを追うのではなく、自分が追われる立場になること。最初は「おいで」とおやつやおもちゃで気をひきつつ、ついてきたらほめてあげましょう。


引っぱりっこ

何かをくわえてブンブン振り回すのは、ワンちゃんの本能。自然な欲求なので、引っぱりっこで遊んであげましょう。注意点は、手で遊ぶと甘噛みにもつながってしまうので、必ずおもちゃを使うこと。ワンちゃんの思い通りにさせるのではなく、適度に返してもらい、あくまでも飼い主さん主導で遊びましょう!


知育トイ

おもちゃの中におやつを入れ、ワンちゃんが楽しく遊びながら食べられる知育トイ。簡単にはおやつが出てこないので、転がす、なめるなど格闘しながら楽しめます。知育トイで遊べると、お留守番のときも遊べるので、外出するときでも、少しは安心できそうですね。


まとめ:遊ぶときのこころえ

・手をおもちゃ代わりにしない

飼い主さんの手は、「なでてもらえる」など「いいことが起きるもの」と覚えてもらうためにも、おもちゃを使って遊びましょう。


・体格にあったサイズ・素材で

小さすぎるおもちゃは飲み込んでしまう可能性もあります。ワンちゃんのお口のサイズに合わせて選びましょう。


・飼い主さんのタイミングで

ワンちゃんが飽きるまで遊ぶのではなく、8分目程度で終わることがポイントです。何事も飼い主さんが主導というのを忘れずに!


・すべりにくい床で

すべりやすいフローリングは、関節への負担が大きいため、ラグを敷いたり、滑り止めを使うなどの工夫を!


子犬をお探しならアニコム パフェの「ハローべいびぃ」へ

アニコム損保のグループ会社であるアニコム パフェ株式会社の「ハローべいびぃ」は、可愛いワンちゃんを全国のペットショップから探すことができる情報サイトです。エリアや品種などの条件から簡単に検索できます! 毎日更新中。


全国のペットショップからかわいいワンちゃんを探すことができる情報サイト ハローべいびぃ


コメント0

ADVERTISEMENT