子犬を迎えたら知っておきたいトレーニング⑥ ~社会性を身につけよう~

2019.07.10

誰にでもフレンドリーで、必要以上に吠えたり、おびえない子に育てるために重要なのが社会性。警戒心が低いとされる生後8ヶ月ぐらいまでを目安に身につけましょう。

抱っこでお散歩

お散歩デビューは、3回目のワクチンが終わってから。でも、抱っこで外に出る分には、大きな問題になりません。


電車やバイクの音、自転車のベルなど、さまざまな音を聞かせることで、刺激に慣らしていきましょう。まずは、抱っこで安心させながら、家の近所を一周する程度から始めましょう。

いろいろな人に触れてもらおう

家族以外の人たちに触れてもらうことで、ワンちゃんの社会性が身についていきます。子どもや高齢者が苦手というワンちゃんも多いので、年齢・性別問わずいろいろな人に会わせるのが理想です。


目標は、6~8ヶ月齢までに100人!ワンちゃんが怖がらないように、優しくなでてもらうようにしましょう。

動画を活用しよう

花火や雷の音に驚き、パニックを起こして迷子になってしまうというケースも。早いうちから動画などで音を聞かせて慣れさせておくと安心です。最初は小さい音から始め、徐々に大きな音にも慣らしていくのがコツです。

子犬をお探しなら「ハローべいびぃ」へ

ハローべいびぃ」は、可愛いワンちゃんを全国のペットショップから探すことができる情報サイトです。エリアや品種などの条件から簡単に検索できます! 毎日更新中。


全国のペットショップからかわいいワンちゃんを探すことができる情報サイト ハローべいびぃ

コメント1

okkan36さん

非常に参考になりました。社会性を身に付けさせることの重要性を実感した。

|
ADVERTISEMENT