きずなを深めるトレーニング【あとへ(つけ、ヒール)】

2018.05.16

移りゆく美しい四季の中を、ワンちゃんと寄り添い歩く。映画のワンシーンのような優雅なお散歩は、誰しもの憧れです。


でも、実際のお散歩はいかがでしょう。ぐいぐい引っ張り気味?家に帰るまでエンドレスダッシュ!?


ちょっとしたコツを押さえて、かっこいいお散歩にチャレンジしましょう。


きずなを深めるトレーニング、本日のテーマは「あとへ」です。「つけ」や、「ヒール」とも呼ばれます。それではいってみましょう!


目指すのは、この感じ

「いい天気だね!今日はちょっと遠出しようか」こんな声が聞こえてきそうなこのショットは、「あとへ」の完成図です。


ワンちゃんの鼻先の位置に注目してみましょう。飼い主さんの脚より前に出ていませんね。寄り添うように、ついて歩いている状態。しかも目線はバッチリ合っています。


このショットをイメージしながら、順番に練習していきましょう。


止まってポジションを教える

さっそく実践!と、いきたいところですが、突然「あとへ」と言われても、「あとって、なんのこと?」と、ワンちゃんはとまどってしまいます。まずは止まったままで「あとへ」のポジションを教えましょう。

  1. 人はまっすぐ立ちます。
  2. おやつをワンちゃんの鼻先にあて「あとへ」と号令をかけ、真横へと誘導します。
  3. このポジションでアイコンタクトをとり、おやつをあげ、ほめます。

ポイントは、おやつを与える位置。ズボンの縦の縫い目あたりで与えることで、「この位置にいると良いことがある」と、印象付けられていきます。


小さなワンちゃんは立ち膝の姿勢になると、うまく誘導できますよ。できるようになったら、まっすぐ立ってやってみましょう。


歩いていこう

「あとへ」のポジションを理解したら次のステップへ。


ポジションをキープしたまま歩いてみましょう。「あとへ」と声をかけてスタートします。ワンちゃんがいる側の脚から踏み出すと、スタートの合図が伝わりやすいですよ。


真横をついて歩いたら「そうそう、上手!いいよ!その調子!」とほめて、同時におやつをあげます。


最初は2、3歩、次は5歩、というように、少しずつ距離を伸ばしていきます。


ワンちゃんが飼い主さんの前に出てしまった時は、すぐに立ち止まります。おやつで誘導しながらポジションまで戻しましょう。アイコンタクトをとり「あとへ」と声をかけ、ふたたび歩き出します。


おすすめアイテム

【リード】
伸縮リード、ロングリード、胴輪(ハーネス)は、「あとへ」の練習には不向きです。いずれも、ワンちゃんが前へ前へと出たくなるようなアイテムだからです。長すぎず、短すぎないシンプルなリードと、首輪で練習しましょう。


【おさんぽバッグ】
「あとへ」の練習時は、ウエストポーチ、ポシェットなどがおススメです。両手が空くので、ワンちゃんを誘導したり、すばやくおやつをあげることができるからです。写真のように、ワンちゃん側に袋の位置がくるように装着します。


優雅に、かっこよく

最後に、もう一度「あとへ」の完成図を見てみましょう。リードは、ほどよくたるみ、ワンちゃんは引っ張っていません。


アイコンタクトもバッチリですね。なにより、どちらも最高のスマイルです。


さあ「あとへ」をマスターしたら、ちょっと遠くへ出かけましょう。


優雅に、かっこよく。まるで、映画のワンシーンのように。

コメント0

ADVERTISEMENT