top / きずなを深めるトレーニング【おすわり】

きずなを深めるトレーニング【おすわり】

お役立ち情報

きずなを深めるトレーニング【おすわり】

「基本のき」だからこそ、きちんと覚えたいトレーニングがあります。それは、本日のテーマである【おすわり】です。


「おすわり!おすわり!」と何回も言わないとすわらなかったり、気の向いた時だけすわったり、になっていませんか? 一見簡単な項目に思えますが、実はなかなか奥が深いんです。これから教える方も、ちょっとこじれちゃった方も、一緒にいってみましょう。



ハンドサインと号令

ワンちゃんが【おすわり】を覚えるには、視覚と聴覚の組み合わせ技が効果的です。視覚的には写真のように人差し指を立てるサインを、聴覚的には「おすわり」「すわれ」などシンプルな言葉で統一した号令を用います。


ママは「すわって」、パパは「すわれ」、お子様は「おすわり」ではワンちゃんは迷ってしまうので、使いやすい号令を家族で決めることが最初のポイントとなります。


誘導しましょう

オヤツ(またはいつも食べているフード)を使って誘導します。


  1. ワンちゃんにオヤツを見せ、鼻先に近づけます。

  2. オヤツを鼻先から頭の上にゆっくり移動します。オヤツに注目しているので、自然に頭が後ろに下がります。

  3. ストンとおすわりの体勢になった瞬間に「おすわり」と号令をかけ、ハンドサインを出します。そしてたくさんほめましょう!

忘れないで、ほめること

ワンちゃんは一度理解をすると、先読みをしていく性質があります。①~③の流れを何度か繰り返すうちに、おやつがなくてもハンドサインと号令だけでパッとおすわりをするようになります。


できるのがあたりまえになると、つい忘れてしまうのが「ほめること」。おすわりができたら、心からほめてくださいね。「基本のき」の「おすわり」で、きずなを深めていきましょう。