top / 【みんなどうやって解決してる?】要求吠え対策3つのワザ

【みんなどうやって解決してる?】要求吠え対策3つのワザ

お役立ち情報

【みんなどうやって解決してる?】要求吠え対策3つのワザ

「子犬育てって大変! みんなは、どうやって成功しているの?」


今回のお悩みは【要求吠え】です。最近ごはんや遊びを催促して吠えるようになった。気が付いたらワンちゃんの言いなりになっている…。そんなことはありませんか。ワンちゃんが吠えなくても思いが通じ合う、そんな関係をつくっていきたいですね。


アニコムトレーナーのおすすめワザは「A.無視ワザ」「B.パターン崩しワザ」「C.おすわりワザ」の3つ。あなたのワンちゃんはどのワザで成功するでしょうか?



A.無視ワザ<興奮気味なワンちゃんにおすすめ!>

あなたの言いなりにはならないよ、ということを態度で示し、吠えても意味がないことを理解させる方法です。ワンちゃんが吠えたら、ワンちゃんに背を向け、吠えやむまで無視をします。この時、気にする素振りをまったく見せず、無視を徹底するのがポイントです。吠えやんで落ち着いてきたら、よくほめてあげます。


ここでのポイントは、吠えやんですぐではなく、少し時間をおいてからほめることです。「ダメ!」など叱ったりすると、かえってワンちゃんが興奮し、余計に吠えてしまうことがあるので叱る必要はありません。



B.パターン崩しワザ<決まったタイミングで吠えちゃうワンちゃんにおすすめ!>

規則正しい生活リズムをあえて崩す方法です。いつも同じ時間にごはんをあげたり、決まった動作の後に散歩に行ったりすると、飼い主さんの行動パターンを先読みし、結果として要求吠えにつながってしまうことがあります。


ごはんの準備をしてから30分後にあげる、リードを手に取ってもすぐに散歩には行かないなど、日頃の生活リズムをランダムにすることがポイントです。



C.おすわりワザ<おすわりが得意なワンちゃんにおすすめ!>

吠えるのではなく、おすわりをした方が良いことがある、と理解させる方法です。要求吠えをしたらすぐにおすわりをさせます。おすわりができたらよくほめ、そこでワンちゃんの要求をかなえてあげます。


これを繰り返し練習することで、吠えるよりもおすわりをした方が良いことがある、ということを覚えてくれます。また、吠えてもやめさせることができるようにもなり、一石二鳥です!




ワンちゃんにとって「吠える」ということは思いを伝える大切な手段です。ですが、吠えれば言うことを聞いてくれる、と覚えてしまっては困りますよね。


要求吠えの一番の解決策は、ワンちゃんが何を求めているのか、何を訴えようとしているのか、飼い主さんが先に気付き、吠えなくたって飼い主さんにはきっと伝わる、という心のつながりを深めることなのかもしれません。


あなたのワンちゃんは、A、B、C、どのワザで成功しましたか? それぞれの家庭やワンちゃんによって、効果的なワザは千差万別かもしれません。よろしければ、あなたの体験談をコメント欄で教えてください。