top / みんなどうやって解決してる?【トイレの失敗対策3つのワザ】

みんなどうやって解決してる?【トイレの失敗対策3つのワザ】

お役立ち情報

みんなどうやって解決してる?【トイレの失敗対策3つのワザ】

「子犬育てって大変! みんなはどうやって成功しているの?」


今回のお悩みは【トイレの失敗】です。サークルの中ではできるのに、お部屋に出したら失敗ばかり…。なぜかトイレからはみ出してしまう…。トイレの失敗は子犬ちゃんには多いものです。とはいえ、ばっちりトイレを決められるワンちゃんにしたいですね。


アニコムトレーナーのおすすめワザは「A.アシストワザ」「B.サブトイレワザ」「C.サイズワザ」の3つ。さあ、あなたのワンちゃんはどのワザで成功するでしょうか?



A.アシストワザ <ほめられるのが大好きなワンちゃんにおすすめ!>

タイミングを見計らってトイレへ連れて行く方法です。寝起きやごはん、遊んだ後など、ワンちゃんが普段トイレをしたくなるタイミングをあらかじめ掴んでおきましょう。「そろそろかな」というタイミングでトイレに連れて行きますが、このときポイントがあります。


トイレの近くまでは抱っこをして連れて行き、最後は自分の足で歩いてトイレに入るように練習します。体を支えてアシストしながらトイレへ誘導していくことで、最終的には広い場所にいても「自分でトイレに戻って用を足す」という動作が身に付いていきます。



B.サブトイレワザ <決まった場所で失敗しちゃうワンちゃんにおすすめ!>

メイントイレの他に、サブトイレを設置して成功率を上げる方法です。たびたびその場所で失敗してしまう…。そんな場所はありますか?ある程度、いつも決まった場所で失敗してしまうという場合には、思い切ってその場所にサブトイレを増設してみましょう。


サブトイレで成功したら、メイントイレ同様に思いきりほめます。トイレトレーニングで肝心なのは、とにかく成功させることです。環境を作ってあげることで成功体験を増やし、ワンちゃんに自信をつけてもらいましょう。



C.サイズワザ <トイレから少し外しちゃうワンちゃんにおすすめ>

トイレのサイズを大きくして成功率を上げる方法です。「トイレまでは戻るのですが、なぜかおしっこがトイレシーツからはみ出します」このようなケースでは、トイレを大きいものに替えることで成功する場合が多いのです。


その理由は、お迎え時に比べて体が大きくなってきたために、トイレのサイズが小さくなっている可能性があるからです。とくに、中型以上の大きさのワンちゃん、体長の長いダックスちゃん、また、クルクルと回ってから用を足すワンちゃんは、このサイズワザで成功率を上げ、惜しい失敗を防ぎましょう。




トイレトレーニングでぶつかる壁。それが「サークルではできるのに、リビングに出すとできない」というお悩みです。成功へのキーは、叱らないことにあります。失敗したとしても、反応せずに無言でササッと片づけます。また、トイレタイムには「ワンツー、ワンツー」「トイレ、トイレ」など、リズムのある単語での明るい声掛けをお忘れなく♪


あなたのワンちゃんは、A、B、C、どのワザで成功しましたか? それぞれの家庭やワンちゃんによって、効果的なワザは千差万別かもしれません。よろしければ、あなたの体験談をコメント欄で教えてください。