野生ネコの王国~スマトラ島~

2018.03.06

スマトラ島、ボルネオ島は、世界でもっとも多くの種類の野生ネコがすんでいる島です。しかしながら、この2島は世界中でもっとも急激に森が失われている場所でもあるのです。


「私たちと一緒に暮らすネコちゃんも野生ネコも地球上に住む同じ命」との想いから、アニコムはWWFジャパンの『野生ネコの王国キャンペーン』を応援しています。


森を守ることは、野生ネコを守ること。今日はそんな野生のネコ科動物について、ご紹介したいと思います。


図:スマトラ島・ボルネオ島


スマトラトラ Sumatran Tiger

Illustration by Hitomi Morita


生息地:スマトラ島
絶滅のおそれ:絶滅寸前
体長:215㎝~225㎝


ロシアからインドにかけて、9亜種が知られるトラの中では最小。すでにジャワ島とバリ島の亜種は絶滅してしまったため、現在「島」にすんでいるトラは、スマトラトラだけになってしまいました。


ベンガルヤマネコ Leopard Cat

Illustration by Hitomi Morita


生息地:ロシア連邦・アフガニスタンからスマトラ島まで
絶滅のおそれ:地域によって高い
体長:35㎝~60㎝


耳が大きく、額から肩への数本の縞は途中から縦方向に走る斑点へと変わるのが特徴です。分布は広く、人里近くにも生息しています。日本のイリオモテヤマネコとツシマヤマネコは、ベンガルヤマネコの亜種と考えられています。


アジアゴールデンキャット Asiatic Golden Cat

Illustration by Hitomi Morita


生息地:中国・インド東部からスマトラ島まで
絶滅のおそれ:比較的低い
体長:73㎝~105㎝


体毛は、光沢のある茶褐色の単色だが、四肢の内側に縞があり、頬に黒縁の白の斑点があるのが特徴です。地上で生活し、大きな獲物に対しては、つがいで狩りをすることもあります。




アニコムはWWFジャパンの「野生ネコの王国」キャンペーンを応援しています。キャンペーンの詳細はこちらからご覧ください。


記事監修:WWFジャパン


コメント0

ADVERTISEMENT