“うん”と学ぼう、どうぶつのこと!WWFイベント「くんくんPlanet for Kids」

by anicom you編集部 2018.08.01

©WWF Japan


突然ですが、わが家のムスメは、(おそらく多くの子どもたちがそうであるように)うんちの話になると異様に盛り上がります。「うんち、ぶりっ」とでも口にしようものなら、むせるほど爆笑したりします。


どうして子どもは、こんなにうんちの話題が好きなんだろう…。


そんな疑問をいだいていたところ、子供たちの飽くなきうんち愛を、「どうぶつの生態を学ぶ」という非常に建設的なかたちで昇華させてくれるイベントのご案内を、WWFジャパンさんからいただきました。


うんちのにおいをかぎ分ける「うん香道」!

そのイベントは、小学校4年生から6年生の子供たちを対象に、8月10日(金)によこはま動物園ズーラシアで開催される「くんくんPlanet for Kids~うん香道で旅する地球~」


文字通り、さまざまなどうぶつのうんちのにおいをかぐことを通じて、彼らの生態に迫るという、非常にユニークな切り口のイベントです。


ひとくちにうんちと言えど、肉食なのか草食なのかといった食性や、どうぶつ種ごとの身体のしくみによって、その形状もさまざま。当然、においだって違うわけです。


そんなバラエティ豊かなうんちのにおいや、うんちのもととなる餌のにおいなどをかぎ倒し、それぞれのどうぶつ種の生態について学びつつ、彼らが野性下で今どのような問題に直面しているのかという気づきにつながる構成になっています。


また、めったに見ることができない、ズーラシアの飼料庫も特別に見学させてもらえるそうですよ!


夏休みの自由研究にいかが?

©WWF Japan


どんなどうぶつさんのうんちが登場するのかは当日のお楽しみだそうですが、一種類だけでも…とうかがってみたところ、キリンはラインナップに入っているとか。


WWFさんのブログには、キリンの近縁種であるオカピのうんちが紹介されているので、そちらをチェックしておくと、よい予習(と心の準備)になるかもしれませんね(オカピのうんち自体はイベントに登場しないそうですが)。


うんちのにおいを積極的にかいでみよう!なんて、一見ぎょっとしてしまうかもしれませんが、よく考えてみればペットと暮らしている方にとっては、わが子の健康状態を推し量る手段として、日々うんちの状態をまじまじ観察することは、そんなにおかしなことではないはず。


対象の小学校4年生から6年生のお子さんのいる方で、夏休みにどこに遊びに行こうか迷っていたり、自由研究のテーマをお探しの方は参加してみてはいかがですか? うんちを通じて、いつもと違う角度からどうぶつたちの世界が見えてくるかもしれませんよ!


参加には事前登録が必要で(詳細は下記「イベント概要」参照)、応募受付は8月6日(月)まで。


イベント概要

【開催日時】
2018年08月10日(金) 9:30~15:00
(途中ランチタイムあり)


【会場】
よこはま動物園ズーラシア
(神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1)


【イベントの流れ】
<午前>
うん香道(動物のうんちのにおいをかぐ)
園内にて動物の観察、エサのにおいをかぐ


<午後>
飼料庫の見学
動物たちの生態とその環境に関するレクチャー


【参加費】
500円(保険料・材料費を含む)
※別途ズーラシア入園料が必要です。


【定員】
32名/小学校4年生~6年生対象(保護者の見学不可)


【参加方法】
edu@wwf.or.jp 宛に以下の項目を記載の上、参加の旨を送信

  • 参加人数

  • 参加希望の方すべての名前(ふりがな)

  • 参加希望の方すべての学年

  • 保護者の連絡先(名前、メールアドレス)

  • WWF会員の場合は会員番号(わかればでOK)

※メール件名は「くんくんPlanet参加希望」
※先着順で参加の可否を判断


【申込締切】
8月6日(月)正午

※WWFジャパンからのメールの返信で参加確定


【その他】
雨天決行、荒天中止


【関連リンク】

・くんくんPlanet for Kids~うん香道で旅する地球~ 公式サイト
・WWFブログ「【イベントもやります!】「うんこ数え隊」出動!」

コメント0

ADVERTISEMENT