Now Loading...

Now Loading...

「科学」の検索結果

犬の不思議を科学する⑦ 間違っていると伝えるほうがいい? 犬に新しいことを教えるとき

犬へのしつけやトレーニングにおいて、犬が正しいことをしたら、褒めたりクリッカーをならしたりして報酬を与えるというのは、基本的なトレーニング方法のひとつとして広く知られています。しかし、間違いたときには…

難治性乾性角結膜炎(KCS)への再生医療・細胞治療がスタート! セルトラスト・アニマル・セラピューティクス株式会社と動物再生医療センター病院

セルトラスト・アニマル・セラピューティクス株式会社(以下:セルトラスト社)と動物再生医療センター病院(※)では、3月28日からワンちゃんの難治性の乾性角結膜炎(KCS)に対する再生医療を開始しました。…

犬の不思議を科学する⑥ 見過ごされがちな問題、アニマル・ホーディング

自らの飼育能力の限界を超えて犬や猫などの動物を多数飼育してしまう、病的な収集癖をもつ人のことを『アニマル・ホーダー』といい、その行為は『アニマル・ホーディング』と呼ばれています。 動物ではありませんが…

犬の不思議を科学する⑤ マイクロキメリズムの謎~母子間で起こる細胞交換の意味

マイクロキメリズムの謎~母子間で起こる細胞交換の意味 『キメラ』という言葉を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?個人的には某RPGゲームに出てくるキメラという鳥と蛇が合体したような姿をしているモン…

犬の不思議を科学する④ 触れることの大切さ~“戻ったよ”のときの挨拶に影響される犬の気持ち

仕事から戻って帰宅したとき、ちょっと近所に買い物へ出て戻ったとき、数日間家を空けて帰ってきたとき。離れている時間の長さは違えど、日々の暮らしの中では愛犬と“別れ”、そして “再会”することを繰り返して…

犬の不思議を科学する③ 筋肉量維持も健康長寿のカギ?サルコペニアと寿命の関係

寿命がくるときまで健康に過ごせたら…。 多くの人々がピンピンコロリを願う高齢化社会の中、愛犬にもそうあって欲しいと感じている人も決して少なくないでしょう。サクセスフル・エイジングを実現するためには、無…

犬の不思議を科学する② イヌのヒゲは無用の長物?

愛犬のヒゲのお手入れ、みなさんどうしていますか? トリミングの必要のない短毛種の場合には、とりわけ気にせずそのままにしているかと思うのですが、トリミングが必要な犬種の場合、顔の毛をカットする時にはヒゲ…

犬の不思議を科学する① 犬の足はなぜ凍らない?

いつも私たちの身近にいてくれる犬たち。でも、身体のしくみや習性、心のことなどなど、意外と知らないことは多くあるものです。この連載から、“科学の目”を通して犬世界を一段深く見るための、さまざまな視点に気…

2017年6月、新たに2疾病の臨床研究がスタート。セルトラスト・アニマル・セラピューティクス株式会社

セルトラスト・アニマル・セラピューティクス株式会社(以下:セルトラスト社)は、2017年6月から、新たに慢性腸症(CE)と骨折について臨床研究を開始しています。現在、各KOL(Key Opinion …

けんちゃんとお腹の中のお友達~生後8日間のうんちの中~

皆さん、こんにちは! 前回、Dr.立川に教えてもらった腸内細菌の話。赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでに大きく変化して、3歳くらいまでには大人と同じようなバランスの細菌叢が成立すると考えられているよ…

遺伝子で運命は決まるのか?

親から子供に、身体的な特徴が「遺伝」することはよく知られており、この特徴を決めているのは遺伝子です。遺伝子は身体的な特徴だけでなく、病気のなりやすさなど、私たちの健康に関わる体質・性質にも関わっていま…

ビフィズス菌はうんちのどこにいる?

私たちの腸の中には多くの細菌が住んでいて、私たちの健康と関わっていること、うんちを使って簡単測定できることは以前のコラムでお話ししました。 【関連記事】「共生」が地球を救う?~細菌との暮らし~ うんち…