犬連れ旅行どうする?シニア犬との旅ではどんなことに気をつけるべき?前編

2020.01.10

ADVERTISEMENT

愛犬と高級旅館をはじめ、一緒に海外旅行をする。これまで“そんなことできるわけない”と諦められてきた愛犬との優雅な旅を実現する会社があります。それがトラベルウィズドッグです。


今回、お話しを伺った代表の中村さんは「愛犬と幸せに旅をするため」にいくつもの新しい道を切り開いてきたパイオニア。愛犬かんたろうくんと日本全国のホテル、旅館からハワイまであちこちを旅して来た旅の達人です。


でもこれまでの道は決して楽なものではなかったとか。

シニアとの旅のアドバイスを伺う前に、まずは簡単ですが中村さんのご紹介します。

亡き母の『愛犬を幸せにして』の遺言を胸に

▲中村さんを「愛犬連れの旅」に導いた大将くん


中村さんがトラベルウィズドッグを立ち上げた背景には、亡きお母さまの遺言があったと言います。それはお母さまが当時飼われていた愛犬の大将くんを幸せにしてあげてというもの。最後の最後まで愛犬の大将くんのことを心配していたというお母さま。その遺言を守るために、中村さんはどうしたら大将くんを幸せにできるのかだけを考えてきたと話します。


『愛犬の幸せ=いつでもそばに一緒にいること』そう思った中村さんは自分たちの旅行中に愛犬を留守番させるのはかわいそうだ、なら一緒に連れて行こうと考えます。しかし、当時愛犬連れの旅行は宿選びから何から全部が四苦八苦だったそうです。


なぜ愛犬を連れて宿に泊まれないのか?泊まれない理由があるのであればそれをひとつひとつ解決していけばいいのでは?そこで中村さんは一軒一軒宿を回って説得を始めます。無駄吠えなど迷惑行為がないように徹底したしつけをするのはもちろん、毛が抜けるのが嫌なのであれば服を着せる。MY掃除機、MYコロコロを持ち歩き、部屋は来たとき以上に綺麗にして帰るなどなど。


そしてその想いと熱意に多くの人、旅館、企業が賛同し、トラベルウィズドッグが設立されました。設立の裏には中村さんの地道な努力が隠されていたのです。 そして大将くんは「愛犬との旅は当たり前」という一石を投じ、天寿をまっとうして最愛の母親が待つお空へと旅立ちました。現在、中村さんは、大将くんの弟となるかんたろうくんを連れて、日本各地を旅して回っています。


そのかんたろうくんも今年で14歳。そこで今回はかんたろうくんと旅をしながら中村さんが気づいたこと、シニアだからこそ気をつける点などアドバイスをいただきました。

シニア犬だからこそ旅させよう!

▲すっかり旅慣れたかんたろうくん(シー・ズー、男の子、14歳)


「もう老犬だから旅行なんて無理」そう考える方はたくさんいらっしゃると思います。でもそれは飼い主の思い込みではないでしょうか?老犬になっても愛犬たちの知的好奇心は衰えません。例え足腰が弱っても、行動範囲が狭くなってもワクワクしたり、新しいことを見つけることを楽しみにしている子の方が多いと思います。


老犬になればなるほど投薬や食事の制限も多くなります。それを人任せにするのではなく、自分たちで面倒を見る。そのためにも一緒に旅をし、いつも一緒にいる。普段と変わらない薬の時間、食事の内容。愛犬を細かくケアできるのは飼い主だけなのです。

タイトなスケジュールはNG。旅行は余裕を持ってプランニングを

「老犬だから旅も近場で済ませよう」というのは必ずしも正解ではありません。週末は渋滞に巻き込まれることもありますし、短期間の日程が、移動だけで終わってしまい、せっかくの旅行を楽しめなくては本末転倒です。時間通り到着するよりも、愛犬のおかげで寄り道ができたと思うくらいの余裕が必要だと中村さん。シニア犬との旅は時間も気持ちものんびり、ゆったり行きましょう。


道中に休憩をこまめに取るのもシニア犬との旅のポイント。例えば車で旅する場合は1時間に1回は休憩を取るようにしている中村さん。これを「また休憩!?」とネガティブな感情で捉えるのではなく、休憩タイム=ご当地グルメタイムと題し、ご夫婦でおいしいものを食べ歩くのだとか。その間に愛犬はのんびりと休憩タイム。愛犬も人も楽しめる工夫が必要です。


シニア犬との旅は何よりも余裕が大切と話してくださった中村さん。犬の年齢を旅行ができない言い訳にするのは悲しすぎるという言葉が印象的でした。お母さまの愛犬、大将くんは享年19歳と大往生!その秘密は「シニアになっても旅をしてきたことで、知的好奇心を刺激できたからではないかと思う」という中村さん。その言葉には説得力しかありません。後半では宿選びのポイントや、持ち物についてお話します。


【犬連れ旅行を安心して楽しむためにも】

8歳以上の犬猫専用のペット保険「どうぶつ健保しにあ」が強い味方に。

・詳しい商品内容はこちら

・資料請求はこちら

・お申込みはこちら

ADVERTISEMENT
コメント0