【私のwithlist④】エルザ姫の場合

by ヒラマツアユコ(anicom you編集部) 2018.06.19

エルザ姫(女の子・7歳)は私にとって2頭目の猫様でございます。1頭目のプーさん(男の子・16歳で他界)は穏やかで何をしてもされるがままのおっとり系。対してエルザ姫は「イヤなことはイヤ」がはっきりしているお姫さま。


そんなエルザ姫とのwithlistを考えてみました。


エルザ姫をお迎えしたのは、2011年12月。プーさんと別れて半年後のことでございました。


当時、たまたま知り合いになったドッグトレーナーさんに「猫がいない暮らしなんて耐えられない」「次は黒猫を迎えたい」と言っていた私。その方の店舗(トレーラー)の床下に迷い込んだのがエルザ姫だったのでございます。


「黒猫ちゃんが来たよ!」
「ウチには大型犬がいるし、犬の出入りが激しいから猫なんて迷い込んだことがないのに!」
「これは運命だよ!」


そう言われ、すぐに会いに行きました。


12月は私の誕生月。「これはプーさんからの誕生日プレゼントに違いない!」と確信した私は、エルザ姫をお迎えすることにしたのでございます。


プーさんがいなくなってから生気を失っていた私の部屋に、「ほわん」とあったかい灯がともりました。黒くて小さい生きものがいる。可愛くて愛おしくてたまりませんでした。


当然、「蝶よ、花よ」と溺愛することとなったのはいうまでもありません。


結果、エルザ姫は「猫らしい猫」として成長し、私は姫に仕える使用人として、現在も精進の毎日を送っているのでございます。


思えば、姫が気に入る猫砂にたどりつくまで、3種類もの猫砂を献上いたしました。


夏は私のまくらをベッドとしてお使いになられるので、私の頭はとんでもない向きになっていることがございます。たまに寝違えたかのような痛みが私の首を襲うことがありますが「名誉の負傷」と心得ております。


そんなエルザ姫に対して「一緒にしたいこと」を望むなどとは、恐れ多いことでございます。


3つの願いをあげてはみましたが、「すべては姫の御心のままに」とかしずく覚悟でおります。


そして、今日も私は「なでなさい」と寄ってくださるエルザ姫の、マシュマロのような身体を「もうよい」と言われるまでなで続けるのでございます。


【withlistとは?】

ペット保険のアニコム損保は、5月22日から「#withlist ~さよならまでにキミとやりたい3つのこと」というキャンペーンを始めました。寿命の短いペットとともに暮らす中で、悔いなく楽しい思い出を増やすことを目的としています。


アニコムLINE公式アカウントの中で、3つのやりたいこと(夢)と、一枚の写真を送ると、デザインされたwithlist(ウィズリスト)の画像が生成できるという仕組み。キャンペーン開始後、わずか1週間で1,000枚を超えるwithlistが集まりました。
「#withlist~さよならまでにキミとやりたい3つのこと」キャンペーンページ

【アニコムLINE公式アカウント】

お役立ちコンテンツがたくさん。ぜひ友だち追加してください!

友だち追加

・保険会社初!LINEからカンタンお申込み
・「#withlist」キャンペーン実施中!
・簡単3分!保険金請求サービス
・獣医師に相談できる!どうぶつホットライン
・毎週お役立ち情報配信中

コメント0

ADVERTISEMENT