小さなエビフライの落とし主は誰?

2018.01.09

リスさんの魅力といえば、なんといってもつぶらな瞳に、どんぐりを口いっぱいに頬張る姿。両手に持ったどんぐりをもぐもぐする姿は、とってもかわいらしいですよね☆


そんなリスさんが住む森に、「エビフライ」が落ちていることはご存じでしょうか?



森に現れる“エビフライ”の正体は…?

こちらの写真をご覧ください。「なぜ森にエビフライが落ちているのか!?」そう思った方もいらっしゃいますよね?


実はこれ、リスさんが食べ残した松の実(松ぼっくり)。写真の通り、エビフライそっくりの形をしているのです! リスさんは、固い芯の部分を残して松の実を食べます。その結果、本物と見間違ってしまうような芸術品をつくりあげているのです。



リスさんはいったい何を食べるの?

皆さんは、リスさんが普段何を食べているか、ご存じですか?


森に住むリスさんは、先程紹介した松の実などの木の実や、種子類、昆虫などを好んで食べます。植物性タンパク質だけではなく、昆虫などから動物性タンパク質を上手に摂取しているのです。


ペットとして飼われているリスさんは、主にペレット(固形の総合食)を食べるほか、木の実やくだもの、動物性タンパク質を摂取するための昆虫などもあげる必要があります。



リスさんの食事で気をつけたいポイント

リスさん、実は「太りやすい」のです。野生下では冬眠をするため、長い冬眠に備え、8月末頃からごはんをたくさん食べて、皮下脂肪を蓄える性質があります。


リスさんは大好きな種の中でも、ヒマワリの種やかぼちゃの種、くるみなどを好みますが、脂質が多く含まれているため、喜ぶからと欲しがる分だけ与えると、肥満につながりますので、主食ではなくおやつとして与えましょう。


リスさんは昼型のため、ごはんは朝に与えるなど、リスさんの生態に合わせる事も肥満防止につながります。



リスさんの頬袋に入れてはいけないものは?

リスさんには、ごはんを頬袋につめこんで、たくわえる本能があります。木の実など乾燥したものであれば、自在に頬袋から出し入れができますが、炊いた米粒や粘り気のあるものは頬袋の中でくっついてしまい、自力では取り出せなくなってしまいます。


特にお気に入りのごはんは頬袋に大切にしまうので、頬袋にくっつく可能性があるものをエサ入れに入れっぱなしにしたり、一度にたくさん与えるのは禁物です。そのほか、先の尖っている食べ物も頬袋の内側を傷つけてしまう可能性があるので、注意が必要です。



魅力たっぷりのリスさん

今回は「食事」を通してリスさんの生態をご紹介しましたが、松の実をエビフライに変身させるとはびっくりですね!


まだまだ謎に満ちたリスさん。普段、野生の姿をみる機会は多くはありませんが、一緒に生活することで、飼い主にしか見せない仕草や、新しい発見がきっとあるはずです。


リスさんと素敵な生活を過ごしている飼い主の皆さん、おうちのリスさんの可愛くておもしろいエピソードなどがありましたら、ぜひ教えてくださいね♪


【謝辞】
貴重な写真を提供していただきました。心より感謝いたします。
自然写真家 中川雄三様
星野リゾート 青森屋様

コメント0

ADVERTISEMENT