「mipig(マイピッグ)」さまに聞く、マイクロブタの魅力! ブタさんと人の共生を目指して

2020.09.04

ADVERTISEMENT

最近、テレビなどでも注目を集め、ペットとしても人気になりつつある「マイクロブタ」。実際に触れ合えるカフェもあったりと、着実に人と近い存在になっています。そうはいっても、マイクロブタの情報はまだまだ少ないのが現状です。そこで、今回は日本初のマイクロブタに特化した事業展開を行う「mipig (マイピッグ)」さまに、マイクロブタのかわいさや魅力はもちろん、迎え方やごはん事情、ブタさんの事業を始めた経緯や想いなどをインタビューさせていただきました! 犬・猫に次ぐペットになる日も近いかも? マイクロブタの魅力に迫ります!

 目次 

▼マイクロブタとは

▼特徴は?

▼マイクロブタってペットとして飼えるの?

▼お迎え方法は? 価格は?

▼何を食べるの?マイクロブタさんのごはん事情

▼ブタさんのケアのこと、病院事情のこと

▼アットホームでお洒落なmipig cafe♪

▼mipigの想いをインタビュー!

▼ブタさんと人の共生を目指して

マイクロブタとは

マイクロブタ

マイクロブタとは、イギリス生まれで、成長したときの体重が18~40㎏程度のブタさんの総称です。大きさのイメージは中型犬ほどで、コーギーくらいの大きさになる子が多いようです。寿命は10~15年ほどです。

特徴は?

マイクロブタ

マイクロブタさんの特徴をご紹介します。

きれい好き

とってもきれい好きな生き物です。自分の寝床とトイレを分ける習性を持っているので、きれい好きな習性を利用して、トイレのしつけをすることができます。

食べるのだいすき!

食事をするマイクロブタ

とっても食欲旺盛です。噛む力も強めです。フードやおやつには目がないので、食事の管理はしっかりしてあげましょう。

鼻掘りが得意なお鼻の持ち主

マイクロブタ

特徴的なブタさんのお鼻。お鼻を使って、地面の中の食べ物を掘り返して探す性質があります。鼻先で押す力はかなり強めで、椅子などの家具を鼻先で持ち上げちゃうことも。

抱っこは苦手な子が多いです

地面をはう動物です。なので、基本的には抱っこが苦手です。でも、温かくてふかふかの場所は好きなので、人のおひざは好き。

おひざに集結するブタさんたち

▲おひざに集結するブタさんたち。幸せです…!

意外とさみしがり屋

意外とさみしがり屋なのです。もともと群れで暮らす生き物なので、長時間ひとりでいることは苦手です。

マイクロブタってペットとして飼えるの?

マイクロブタ

マイクロブタはペットとして飼えるのでしょうか? 答えは「飼えます!」。
犬猫ほど馴染みはないかもしれませんが、実際にペットとして暮らしている方はいます。mipigさまからお迎えして、家族として暮らしているブタさんファミリーは全国に100匹以上いるそうです。

でも、実際にブタさんをお迎えするのってハードルが高そう…。そこで、お迎えする方法や飼い方、気を付けたいことなどをmipigさまにお聞きしました。

mipigとは?


日本初のマイクロブタさんに特化した事業展開を行っています。
目黒や原宿などにあるマイクロブタカフェが人気で、ご存知の方もいるかもしれませんが、実はカフェだけではありません! マイクロブタさんの誕生から、ブタさんとの日々の暮らし、健やかな成長をトータルサポートしています。

mipigの事業展開

▲本図の通り、ブタさんの一生をトータルサポートしています

お迎え方法は? 価格は?

眠るマイクロブタ

マイクロブタをお迎えするにはどうしたらいいのでしょうか。

日本で購入できるのはmipigさまのみ!

日本で購入できるのはmipigさまのみです。ペットショップのように、飼いたい人がすぐその場で買えるといった仕組みではなく、mipigさまならではの購入の流れがあります。

■mipigさまでの購入の流れ
申し込みをしてから、ブタさんを飼えるかどうかの審査をクリアした場合に、お迎え予約をすることができます。お迎えが確定になってから、「受注繁殖」をするため、実際におうちにくるまでは3ヶ月から6ヶ月ほど待つ場合も。

また、動物愛護法に基づき、必ず店舗での対面説明と生体確認をしてからのお引渡しを徹底しています。実際に大きくなった大人のブタさんをみてから、子ブタさんを迎えることで、成長してからのギャップ(こんなに大きくなるなんて知らなかった…!など)をなくすように、終生飼育ができるかを判断してもらうようにしています。

ペットを飼うのに事前審査!? と聞くと、なんだか少しハードルが高い印象もあるかもしれませんが、その仕組みは、ブタさんの「終生飼育」を大切にしているからこその優しいこだわりから生まれたものでした。

注意して! 悪質な業者もいます

悲しいですが、悪質な業者もいることは事実です。生後間もない頃のミニブタとマイクロブタの見分けが付きにくいことを利用して、ミニブタをマイクロブタとして販売しているケースもあるようです。

価格は?

価格は20~35万円ほどです。価格は毛色によって変わり、黒色の方が生まれやすいので、他の色に比べて価格は抑えめです。

・黒色:20万円~
・キャラメル色、ジンジャー色:30万円~
・白色、白黒色(ブチ)、牛柄:35万円~

何を食べるの?マイクロブタさんのごはん事情

マイクロブタ

食欲旺盛なブタさん。ごはんはどんなものを与えればいいのでしょうか。

ブタさんのフードについて

ブタさんは人と同じ雑食です。基本的に一日2回~3回必要な栄養素がとれる総合栄養食を与えてあげましょう。ブタさん用のフードは市販であまり見かけませんが、ドッグフードを代替えにするのではなく、必ず、ブタさん用のフードを用意してあげましょう。

■毎月お届け! mipig food【獣医師監修】
mipigさまでは、独自に開発されたマイクロブタ専用のフードを販売しています。わが子の写真がプリントされたオリジナルパッケージで毎月届きます!

注文方法は、mipigさまのアプリに登録。アプリにわが子の体重などを登録&申請することで、注文が可能になります。アプリを通して、1回に与えるべきフードの量も提案してくれたり、おやつのことなども相談できます。

▶詳細についてはこちら
https://mipig.co.jp/service/food/

マイクロブタのフード

▲独自で開発されたマイクロブタ専用総合栄養食


噛む力が強いブタさんに合わせて、フードは結構硬めに作られています。

与えすぎには要注意!

マイクロブタは非常に食欲旺盛です。とても可愛い顔でおねだりされても、ここはグッと我慢して決まった量をあげることが飼い主さんの重要な役割でもあります。

おやつはどんなものを与えればいいの?

野菜や果物を与えましょう。mipigさまでは専用のペレット状のビートパルプ(原料はカブなどの食物繊維)を販売予定しています。

これはNG! 与えてはいけない食べものたち

基本的に犬や猫と同様の考え方で、以下の食べ物は中毒症状が出てしまうので絶対にNGです。目を離したすきに食べてしまわないように注意しましょう。

【与えてはいけない食べもの】
・特定の野菜(玉ねぎ、ねぎ類、にんにくなど)
・人間の食べ物(チョコレート、肉類、魚介類など)
・他の動物のフード(犬用、猫用など)

ブタさんのケアのこと、病院事情のこと

マイクロブタ

ブタさんのケアや病院事情など、飼い方をご紹介します。

ケアは?

■シャンプー:基本的に犬用で大丈夫です。ブタさんの毛は抜けにくく、また、犬猫に比べると毛も硬く、水はけがいい毛質です。お肌はドライスキンのため、化粧水やベビーオイルで保湿をしてあげましょう。

■爪切り:犬猫の爪と違い、「ひづめ」です。ニッパーで切った後に犬用電動やすりで削ってあげます。小さいうちは人用の爪切りで切ることも可能です。

マイクロブタのヒヅメ

■遊び方:犬のようにボールで一緒に遊ぶ、とはいきませんが、鼻でホリホリする性質を使って、クッションなどを置いておいてあげると鼻でホリホリして遊びます。

■しつけ:食欲旺盛なブタさん。おやつを利用すれば、おすわりを誘導することができます。

しつけをされるマイクロブタ

▲「おすわり」をするブタさん。おやつのためならがんばります。

病院事情

動物病院は犬猫の病院ほど、多くはありません。エキゾチックアニマルを診てもらえる病院であれば診てもらうことができます。

アットホームでお洒落なmipig cafe♪

mipigカフェ

mipig さまでは、日本で初めてマイクロブタと触れ合えるマイクロブタカフェも経営しています。mipig cafeは「かわいいブタさんに会える」だけのカフェではありません。カフェを通して、ブタさんの社会化をするための保育園的な役割を果たしています。

mipig cafe 目黒店に訪ねてみた!

目黒店は、店舗の2階がお座敷スタイルのカフェスペースとなっています。店員さんの管理のもと、ブタさんが自由に歩き回り、可愛い顔でお出迎えしてくれます。

とても人懐っこく好奇心旺盛なブタさんは、どんどん積極的にコミュニケーションをとってくれます。カフェのルールとして人の方からの抱っこはNGですが、人に対して物怖じせず、勝手におひざに乗ってきてくれるので、その可愛らしさにメロメロになること間違いなしです。

お膝で眠るマイクロブタ

▲あたたかいところが好きなブタさん。おひざの上でまったりリラックス♪

ブタさんの社会化! 保育園的な役割もあるのです

基本的にブタさんは群れをなして暮らします。小さいうちから色んな年代のブタさんと過ごすことで社会性を身に着けます。また、カフェにいるブタさんは、いずれおうちで暮らすことになる子たち。カフェで人と触れ合うことにより、人慣れすることもできるのです。

ブタさんの社会化にもなり、わたしたち人間も癒されるという素敵な空間でした。

■カフェシステム(目黒店) ※事前予約制です
・営業時間:10:00~20:00
・ご利用料金:最初の30分 800円 以降30分につき¥500
▶詳細についてはこちら
https://mipig.co.jp/service/cafe/

大阪にもオープン予定!

西日本エリアにお住まいの皆さまには嬉しいお知らせ。現在は、目黒店と原宿店のみですが、2020年9月に大阪・心斎橋にもオープンします。

▶詳細についてはこちら
https://mipig.cafe/news/20200728/

mipigの想いをインタビュー!

皆川さま、北川さま

カフェやお迎えの方法、ブタさん人生をトータルサポートする仕組みなどからマイクロブタに対する愛を感じるmipigさま。どのような想いで事業を立ち上げたのか、現在のお迎え方法に至った経緯などをmipig事業責任者の皆川さまと広報の北川さまにお伺いしました。

-ブタさんに特化した事業を始めたきっかけはなんですか?
私自身(皆川さま)がイギリスでブタさんに出会ったことをきっかけに、「日本でもブタさんを飼いたい!」という想いからスタートしました。でも実際にイギリスのブタさんを輸入するのは想像以上にハードルが高いものでした。ブタ熱をはじめとする病気のこと、書類のこと…多くのことをクリアしていく必要がありました。

-なるほど…! 実際に事業をスタートする際、クラウドファンディングで始められたとか?
日本にブタさんを迎えること自体が独りよがりではないか、という思いもあったので、クラウドファンディングから始めました。実際に20名の方が、ブタさんを飼いたいということで支援してくださったからこそ、本事業を立ち上げることができました。

-スタートから今のカタチ(ファームで繁殖、都内にカフェ)などを想定していたのですか?
実は、違うのです。もともとは山梨県にファームを立ち上げて、ファームでの引き渡しを考えていました。
そんな矢先に岐阜県でブタ熱(豚コレラ)が発生したことにより、ファームでの引き渡しはリスクが伴うということでできなくなってしまいました。急遽、引き渡しの場所が必要ということで目黒のカフェを立ち上げたのです。

-もしブタ熱がなければこのカフェもなかったかもしれないんですね!
そうなんです。でも、カフェがあるからこそ、社会化や人慣れをさせてから、ブタさんの引き渡しができるし、マイクロブタのかわいさや魅力を伝えることもできるメリットがあり、とても意味ある流れとなりました。

取材中のブタさん。北川さまのおひざでにっこり笑顔。

▲取材中のブタさん。北川さまのおひざでにっこり笑顔。


-このお迎え方法で、今までどのくらいのブタさんを引き渡してきたのですか?
今まで、100家庭以上に引き渡してきました。北は北海道から南は沖縄まで、全国のご家族に迎えにきてもらいました。実際にみんな目黒店にきてもらってから、お引渡ししています。

-すごいですね! コロナでペットを迎える方は増えましたが、ブタさんの需要も増えましたか??
予約やお問い合わせは増えました。でも、極端に増えてはいないです。やはり、飼いやすい訳ではないことがありますし、お迎えの審査などを結構厳しくしていることがあると思います。実際に、このお迎え方法の仕組みを知ると、お断りになるケースもあります。それはそれで仕方のないことだと考えています。

-確かに、かなりの想いと覚悟があってこそ迎えられる仕組みになっていますよね。
ブタを飼うってとても魅力的です! でも、誰にでも簡単に迎えてほしい訳ではないです。動物病院や情報量の面においても犬猫よりハードルが高いことも事実です。

しかも、受注してからの繁殖なので、半年ほど待たせてしまうことになります。それでも迎えたい!と待ってくれる想いの強い方たちへ引き渡ししています。

だからこそ、迎えてもらったからには、私たちもアプリなどを通して、ブタさんの一生をしっかりサポートしていく仕組みを作っています。

-素敵な仕組みですね。
私たちはペット業をやっていた訳ではなかったので、知らなかったからこそ、レールに縛られることなく今のカタチを作ってこられたのかもしれません。「ただブタさんが好き。ブタさんが幸せであれば。」その想いを大切にして、できあがった今のカタチです。ブタさんとの共生を目指して、これからも事業を展開していきます。

皆川さま、北川さま


-皆川さま、北川さま
本当にありがとうございました!

ブタさんと人の共生を目指して

マイクロブタ

ペットとして愛されるのも納得のかわいさと魅力が満載のマイクロブタ。一度会えば、ハマってしまうはず! 今後、ブタさん派がますます増えていき、ペットとして迎える人もさらに増えるかもしれません。どうぶつと暮らすって、最高に楽しくて幸せでそれなりに大変なことです。どんなどうぶつでもそれは変わらないこと。迎えたからには、家族の一員として、わが子の一生を守ってあげてくださいね。

ADVERTISEMENT
コメント0