ワンちゃんと一緒にイースターを楽しもう

2019.04.12

ADVERTISEMENT

桜の開花宣言も各地で聞かれ春本番。ポカポカ陽気の中でのお散歩ってとても気持ちがいいですよね。


今回は、そんな春のお散歩に持っていきたくなるようなおやつレシピをご紹介します。


春と言えばイースター!

ひなまつり、春分、卒業・入園、花見などなど…「春」の祝日やイベントごとはいろいろありますが、最近日本でも目にするようになってきたのが「イースター」です。


イースターは別名「復活祭」。十字架にはりつけられ亡くなったイエス・キリストが、その3日後に復活したことを記念して行われる、キリスト教のお祭りです。年によって日付が変わる移動祝日で、今年は4月21日がその日にあたります。


イースターの時期になるとカラフルな卵で飾り付けられたお店を見かけることもふえました。 卵は「生命の誕生」を意味する、イースターのシンボルなのです。キリスト教徒の方々は、卵を色とりどりにデコレーションした「イースターエッグ」を飾り、当日は家族でごちそうを食べたりします。


私たちもそんな春のイベントを、ワンちゃんと一緒に楽しんでみませんか?


春のお散歩が楽しくなるイースタークッキー

【ポイント】
小麦アレルギーを持つワンちゃんでも食べられるように、米粉で生地を作ります。お米は炭水化物、ビタミンB1やビタミンE、タンパク質などを含む、栄養価の高い食材で、粉砕しても栄養価は変わりません。そのため米粉は、環境の変化や寒暖差による体調不良に備え、元気に春を迎えるため、まさに季節の代わりに目にぴったりの食材です。


【食材】(クッキー10枚分)

  • ・米粉・・・65g

  • ・オリーブオイル・・・大さじ1/2

  • ・☆コーン・・・適量

  • ・☆枝豆・・・適量

  • ・☆りんご・・・1/4(皮もデコレーションに使用します)

  • ・☆きゅうりの皮・・・適量

  • ※322kcal/食材あたり


【作り方】(料理時間:40分)

    1. 米粉、オリーブオイル、すりおろしたりんごを混ぜ生地を作ります。

    2. 生地をのばして卵型に抜き、☆の食材を使ってデコレーションします。

    3. オーブンを180度で予熱します。

    4. 180度で20分焼き、冷ましたら完成。

※手作り食はお早めにお召し上がりください。
※持病がある場合は、かかりつけの先生にご相談ください。
※胃腸が刺激され、消化器になんらかの症状が出る場合があるので、初めての食材は少しずつ試してください。


レシピの感想、お待ちしてます!!

今回のレシピはいかがでしたか?


食い付きの良さ、チャレンジしてみた感想、気づいたことなどをコメント欄で教えてください。

ADVERTISEMENT
コメント0