top / 保護猫アメと里親マリの肉球記

保護猫アメと里親マリの肉球記

どうぶつニュース

保護猫アメと里親マリの肉球記

2017年4月下旬。都内。
とある動物病院に、4頭の保護猫たちの里親が募集されていました。

里親募集を見た、猫好き若手アニコム社員の「マリ」は、何かに憑りつかれたように、ふら~っと病院に立ち寄りました。そこには手のひらに乗るほどの小ささで、じっとこちらを見つめる三毛猫の赤ちゃんが。一瞬で心を奪われたマリは、気づくと「連れて帰ります!」と宣言していました。くりくりと輝く目は、キレイなアメ玉のよう。マリはその保護猫を「アメ」と名付けました。

しかし!マリは、完全に忘れていました。マリの家には、ココ(4歳・男の子)とソラ(3歳・男の子)の2頭のセンパイ猫が暮らしていることを。そんなことはつゆ知らず、けな気な目で見つめ返しつづける保護猫アメは、はたして、彼らとうまくやって行けるんでしょうか!

「保護猫アメと里親マリの肉球記」は、毎月8日と22日に掲載します。第1回は6月8日です。お楽しみに!

「保護猫アメと里親マリの肉球記」記事一覧はコチラ