冬の食材で、愛犬もおいしく肥満防止!

2018.11.15

突然ですが、あなたの愛犬は標準体重ですか? それとも…。


「ちょっとぽっちゃりの方が愛嬌があって可愛い」という方も多いかもしれません。お気持ちはよーく分かります。ですが、実は体型と、関連性がある病気もあるのです。その子にあったベストな体重をキープしておくことは、とても大切なこと!


自分でごはんの量を調整できないワンちゃんのために、今が旬の食材を使った栄養たっぷりでヘルシーなごはんを作ってあげましょう!


ブリの栄養ってすごいんです!

ブリがおいしい季節です。ブリはワンちゃんに必要な栄養素、脂肪酸(オメガ3系脂肪酸とよばれるDHAやEPA)を多く含む食材です。さらには良質なタンパク質とミネラル、ビタミンもたっぷり!


オメガ3系脂肪酸によって期待できる効果はこちらです。

  • 高脂血症や動脈硬化(ワンちゃんも注意が必要な病気です)を予防する効果

  • 炎症を抑える効果(皮膚炎や関節炎など)

  • 子犬の、脳や神経系の発達を助ける効果

子犬から歳を重ねたワンちゃんまで、広く効果が期待される脂肪酸を多く含むブリ。では、この時期にピッタリのレシピをご紹介します。


ほくほくブリ大根

【ポイント】
大根は、整腸作用や利尿作用があり、カロリーが低く、水分が多い野菜です。脂がのっているブリは、あまりたくさんあげられませんが、大根でかさ増ししてあげると満足感もアップします!


【食材】

  • ブリ・・・100g

  • 大根・・・15g

  • 出汁・・・40ml

  • ※203kcal /食材あたり


【作り方】(料理時間:20分)

    1. 大根を食べやすい大きさに切る。

    2. 大根を鍋にいれ、半透明になるまで煮る。

    3. キッチンペーパーでブリの脂を軽くふき取る。

    4. 別の鍋で出汁を火にかけ、大根とブリをいれる。

    5. 食材が柔らかくなったら完成。

    6. ブリの骨を取り除き、食べやすい大きさに切って盛り付けしましょう。

※手作り食はお早めにお召し上がりください。
※持病がある場合は、かかりつけの先生にご相談ください。
※胃腸が刺激され、消化器になんらかの症状が出る場合があるので、初めての食材は少しずつ試してください。


レシピの感想、お待ちしてます!!

今回のレシピはいかがでしたか?


食い付きの良さ、チャレンジしてみた感想、気づいたことなどをコメント欄で教えてください。


コメント0

ADVERTISEMENT