なぜ、猫は猫嫌いの人に近づくのか?

2017.08.10

ADVERTISEMENT

猫のいる家庭を数人で訪問した際、なぜか猫は、猫が苦手な人に近寄っていくことがあります。その人にしてみれば迷惑かもしれませんが、足元にすり寄ったり、膝の上に乗ろうとしたりすることもあります。


猫が苦手なことが、ますます猫を近づけていた!?

猫があまのじゃくだからこのようなことをするのでしょうか? そうではありません。家の玄関を開けた場面から想像してみてください。猫好きの人は猫をじっと見つめ、人によっては「かわいい!」と叫びながら抱っこしようとしたり、写真を撮ったりしようとするでしょう。


猫は人見知りで、慎重な動物です。じっと見つめられると威嚇されているように感じ、知らない人に声を掛けられたり、なでられたりするのが苦手です。


むしろ、自分を無視して知らんぷりをしている人に安心して近づき、敵でないことを十分調べた後で挨拶してみるのです。猫が苦手な人も訪問先の家族の前で、あからさまに追い払うわけにもいかず、我慢しているうちにますます猫が近寄ってくるというわけです。


猫と仲良くなりたければ、知らんぷりするほうが効果的

ですから、猫に近づいてほしくないなら、自ら猫に近寄っていけば逃げていくかもしれません。逆に仲良くなるためには猫のことは気づかないふりをしてみましょう。好奇心旺盛な猫であれば、家族とリラックスして過ごしている来客がどのような人か調べに来るはずです。怖い人でないと分かったら猫の方から挨拶するでしょう。


ちなみに、男性が苦手な猫が多いといわれています。これは、猫にとって、男性の太く低い声より女性の声の方が心地よく感じるためです。猫派の男性は高めの声でやさしく話し掛ければ、初めての猫でも仲良くなれるかもしれません。

ADVERTISEMENT
コメント5

まろさん

猫は嫌いではないんだけど、猫嫌いの人がどうして嫌いなのか、それを知るためにこの記事を読みました。違う価値観でも分かり合えるような世の中になりたいですね。

|

evaさん

別に仲良くなりたいと思わない人には、いずれにしても迷惑です。幸い、嫌でも猫を飼っている家に行かなければならなかったという経験がありません。他人であれば、適当に理由をつけていかなければいい、ということなのでしょうが、結局、人を招いておきながら相手が猫を好きかどうかにお構いなく、猫の自由にさせている方が猫好きの方に多いように思います。猫が嫌いな理由は、猫好きの方の行動に対する疑問と密接に関係しているように思えてなりません。

|

猫アレルギーさん

鼻が詰まり、呼吸が苦しくなり、ひどい時は咳も出て、薬を飲まねば眠れなくなるほど辛いのですが
なんの嫌がらせか、実家が猫を飼い始めました。
やたらと甘えられて、嫌いになっていましたが、寄ってこられる原因がわかった気がします。

|

きらいさん

猫嫌いはどうすりゃいいんだ。
ほんと肩身狭い。

|