top / 正しいシャンプーのススメ

正しいシャンプーのススメ

予防啓発

正しいシャンプーのススメ

美のためだけでなく、健康のために正しいシャンプーを

犬も日々の生活で体が汚れます。正しいシャンプーで皮膚の健康を保てますが、間違ったシャンプーだと、逆に皮膚トラブルを招いてしまうことがあります。


犬の皮膚の表面を守る角質細胞は人の約3分の1の厚さしかなくて皮膚が弱く、皮膚病になりやすい動物です。特に、夏場は皮脂の分泌も増え、皮膚や被毛が蒸れやすく細菌が増殖しやすいため、一年でもっとも皮膚のトラブルが増える季節です。正しいシャンプーで愛犬の皮膚を健やかに保つように心掛けましょう。


皮膚の状態や犬種などによって個体差がありますが、シャンプーの回数の目安は月1~3回です。過度なシャンプーは、皮膚を保護する役割もある皮脂を取り過ぎてしまう場合があり、また、皮膚の構造やpH(水素イオン指数)は人とは異なるため、犬用のシャンプーを使いましょう。


皮膚病などの持病がある場合、回数や種類について獣医師と相談するといいでしょう。


正しいシャンプーをするためのポイント

  • シャンプーの前にしっかりと余分な被毛をブラッシングで抜き去り、ぬるま湯でしっかりぬらすことで、シャンプーが皮膚まで行き渡り、汚れをしっかり取ることができます。

  • すすぎをしっかりしてください。シャンプー剤が皮膚に残ると皮膚炎などの原因となります。

  • すすぎの後は被毛をしっかり乾かします。生乾きの状態だと細菌が繁殖しやすくなるからです。

  • ドライヤーの前にしっかりとタオルドライすると手早く乾かせます。

  • シャンプーが苦手な犬も多いですが、飼い主からたくさん褒められることで克服できるでしょう。