犬のしっぽの意味を知っている?

2019.02.27

私が飼っている2歳の犬は、名前を呼ばれたり、人と目が合ったりするとしっぽを大きく振って、体全体で喜びを表現します。しっぽは、言葉を話せない犬とのコミュニケーションに大切な役割を果たします。今回は、しっぽの動きから読み取れる犬の感情についてお話ししたいと思います。


しっぽは、さまざまな形があります。普段はあまり力を入れていませんが、感情に合わせて動きが変化します。


うれしい時は、しっぽをブンブンと力強く振ります。この動きの強さは、犬の感情の大きさと比例しているといわれています。面白いですよね。


一方で、同じしっぽの動きは興奮しているときにも見られます。診察室に来た犬の中には、普段と違う雰囲気やにおいに興奮し、しっぽを振る犬もいます。うれしいのか、興奮しているのかは、全体の様子があります。


見知らぬ人に会って警戒しているときなどは、しっぽが地面と水平の状態になります。


怖い時には、体位を低くして、しっぽを足の間に巻き込んで隠しますが、これは体を小さく見せることで「もう攻撃しないで」という合図をしているのです。この時に人間が無理に触ろうとすると、怖がっている犬からかまれてしまうこともあるので注意してくださいね。


犬のしっぽは多くの感情を表します。しっぽと表情、全身の動きを合わせてよく観察することで、よりよいコミュニケーションの助けとなります。どんなことを考えているのか、想像しながら犬との楽しい時間を過ごしてほしいと思います。

コメント1

出川純子はさん

今の子の前に飼っていたのが…
初めてのコーギーちゃんでした
🙆
腎不全で、14才で亡くなりましたが、最後の日の夕方迄お散歩して、最後の半年位は…ずっと毎日、家で点滴をしていました😅
亡くなった時は、私の目を見つめて…お手をして、失禁し…
カクンと亡くなりました😢
次の子は私達の年齢も、60だったので考えましたが…
どうしても、私がガマン出来なくて、
半年後に、パピヨン×コーギーを
迎えました💖
今、2歳8ヵ月です☺

|
ADVERTISEMENT