犬がしっぽを追う理由

2018.07.06

ただ楽しくて遊んでいるだけの場合も、もちろんあります

犬が自分のしっぽを追いかけてクルクル回っている様子を見たことはありませんか? ほほ笑ましく見える行動ですが、見ているだけではいけない場合もあります。


犬がしっぽを追いかける理由は、大きく分けてふたつです。


ひとつめは、純粋に遊びの一環によるものです。特に好奇心旺盛な子犬に多く、ちらちらと動く自分のしっぽがおもちゃのように見え、夢中になって一生懸命追いかけます。この場合は無理に止める必要はありません。けがをしないように見守りましょう。成犬になると興味を失う場合も多いです。


ストレスや運動不足などが原因の場合も

ふたつめは、「常同障害」という病気の可能性です。「常同障害」とは、同じ行動を意味もなく、延々と繰り返してしまう症状です。しっぽを追いかける行動は「尾追い行動」と呼ばれ、特に柴に多く見られます。


その他、手足をなめ続けたり、同じ場所を歩き回ったりとさまざまなパターンがあります。ひどくなるとしっぽを咬んで血が出たり、傷つくまで皮膚をなめ続けたりといった自傷行為に至り、行動治療が必要になるケースもあります。


原因は、ストレスや運動不足、食習慣、遺伝などとされています。予防にはストレスの軽減が一番大事です。様子がおかしいと感じたら、まずは運動量を増やしてみましょう。それだけで症状が軽減することもあります。


普段の何げない行動も、もしかすると物言わぬ彼らのサインかもしれません。言葉が通じないからこそ、行動の意味や日々の変化に意識を向けられるといいですね。

コメント0

ADVERTISEMENT