【ペットと防災】ペットを守れるのは飼い主だけ!防災準備は万端ですか?

by 編集部・平松 2021.08.31

ADVERTISEMENT

このところ異常気象のためか豪雨や長雨が多く、甚大な被害を受けている地域もあります。日頃から防災に対する意識を持って、いざというときにも落ち着いて行動できるようにしたいものです。今回は、犬、猫、鳥、うさぎ、フェレット、小動物と一緒に暮らす方々のために、「防災対策」について考えた記事をご紹介します。それぞれのどうぶつ用の「防災手帳」がダウンロードできるので、ぜひご活用ください!

【犬の場合】体験者の声をもとに災害対策を考える

2頭の犬が寝ている

愛犬とともに東日本大震災で被災したアニコム社員の体験談をもとに、準備しておきたい5つの災害対策をまとめました。リアルな体験談を聞いて改めて考えた災害対策は、犬と暮らす方にぜひ読んでいただきたい内容となっています。


▶【ペットの防災】犬の災害対策を考えよう② ~被災体験から学ぶ犬の防災~


【猫の場合】シミュレーションするといろいろ見えてくる!

猫と一緒に避難体験

猫と暮らすアニコム社員が、「猫との避難」をシミュレーション体験しました。避難所はどこにあって、自宅から歩いてどのくらいかかるのか。事前に知っておくと、いざというときに慌てずに済みます。防災用品を実際に持ち歩いてみて、その重量感を実感しておくこともおすすめです。準備編、実践編、復習と迷子対策編の3回にわたってお送りしています。


▶【ペットと防災】 愛猫と一緒に避難してみた! ①準備編

▶【ペットと防災】 愛猫と一緒に避難してみた! ②実践編

▶【ペットと防災】 愛猫と一緒に避難してみた!③復習と迷子対策編


【鳥の場合】鳥ならではの防災対策を伝授!

抱っこされているオカメインコ

鳥は、普段は鳥かごの中で過ごしているので、鳥かごが倒れたり、落ちたりしないようにしておくことが最重要です。他にどんなものを用意しておくと安心なのか、どんなことに注意したらよいのかご紹介しています。


▶【ペットと防災】いつ災害が来ようとも、鳥さんを守る!


【うさぎの場合】獣医師と一緒に考えるうさぎの防災対策

ケージに入っているうさぎ

うさぎと避難するとき、何が必要なのか、何を準備しておけばよいのか。うさぎの飼い主目線でわかりやすくご紹介。加えて、うさぎ大好きのアニコム獣医師が、うさぎの防災対策についてアドバイスをしています!


▶【ペットと防災】うさぎの防災対策これで大丈夫?


【フェレットの場合】フェレット8頭と暮らす飼い主の防災対策

きょとん顔のフェレット

フェレットを多頭飼育している方は多いと思いますが、災害に遭ったときのことを考えたことはありますか。多頭飼育は楽しい一方で、もしものときのことを思うと、不安になりますよね。この記事を参考にすれば、不安な気持ちが少しはぬぐえるはず!


▶【ペットと防災】フェレットと防災!考えてる??


【小さな生き物たちの場合】ハリネズミ、モルモット、リスなどは、どんな準備が必要?

ごはんを食べるハリネズミ

あまり語られることのない小動物の防災対策。本記事では、ハリネズミやモルモット、リス、モモンガなど、小動物と暮らしているアニコムグループ社員で防災について座談会をした際の意見をまとめています。


▶【ペットと防災】小さな生き物たちの防災について考える


最後に

大規模災害はいつやってくるかわかりません。わが子を守ることができるのは飼い主さんだけです。日頃から準備とシミュレーションをして、大切な家族を守りましょう。

ADVERTISEMENT
コメント1

みゅうっちーずさん

市に訊いたのですが、同行避難できる避難所が無いので、自宅で待機するしかありません。
人用とペット達の食べ物、飲み物、トイレ。ペット用のケージ。懐中電灯。カセットコンロとボンベ。着る物。等々…
「少なくても1週間分は用意する事」と、本に書いてあったのですが【大量の荷物】になります。
 避難所に同行避難出来るとすると、大荷物を避難所に持っては行けないですね… 
避難所で避難できるならば、何を持って行けば良いのかな?と考えています。
 記事を出して戴いたお陰で考える時間も出来ました。どうもありがとうございました☆

|