【ヘルシー!手作り、犬ごはん⑪】海藻パワーで病気知らずの体づくり!

2021.04.30

ADVERTISEMENT

春から夏へ。気温差が気になるこの時期は、ワンちゃんの体調も変わりやすく、被毛のケアも大切になる季節です。
体を丈夫に、美しく保つためのミネラルやカルシウムを多く含む海藻。しかも低カロリーなので毎日手軽に取り入れたい食品です。
豊富に含まれる食物繊維は腸内環境を整え、ぬるぬる成分の「フコイダン」は免疫力、解毒力をアップしてくれます。

「初夏が旬のもずく」

もずくは、もずく酢等に加工され常時売られている食品ですが、実は今が旬。
ワンちゃんには生もずくや、塩抜きした塩蔵もずくを茹でて、小さく刻んで与えるようにしましょう。
もずくはぬるぬる成分がのどごし良く、消化を助けてくれますが、食物繊維や水分が豊富なため、食べ過ぎると下痢を引き起こす場合があります。便の様子を見ながら少しずつあげてみてください。

「もずくと卵のとろとろスープ」

【ポイント】
良質なたんぱく質の卵と豆腐を加えて、とろとろさっぱりのスープ仕立てにしてみましょう。とろみが食べやすく、シンプルな味付けなので、フードのトッピングとしても最適です。

【食材】

  • 生もずく    5g

  • 和風だし汁      100㏄

  • 水溶き片栗粉     小さじ1

  • 溶き卵   大さじ1

  • きぬごし豆腐(くずして) 1口大

  • (約35㎉)


【作り方】

    1. もずくはよく洗って水気を切り、小さく刻む。

    2. だし汁を作り、もずくとくずした豆腐を入れる。

    3. 水溶き片栗粉をかきまぜながら少しずつ加える。

    4. 少量の溶き卵を静かに入れ、かき混ぜて皿に盛る。


【飼い主様が召し上がる時は】
生もずく100gを洗って食べやすい大きさに切り、和風だし600ccに醤油大さじ1/2、塩ふたつまみ入れて味をととのえる。  もずくとくずした豆腐100gを入れて水溶き片栗粉を加える。溶き卵1個をかき混ぜながら入れる。お好みで切り三つ葉や小口ねぎをのせる。(4人分)



※手作り食はお早めにお召し上がりください。
※ワンちゃんに持病がある場合は、かかりつけの先生にご相談ください。
※胃腸が刺激され、消化器になんらかの症状が出る場合があるので、初めての食材は少しずつ試してください。


【武部園子 プロフィール】

管理栄養士、調理師、ダイエットアドバイザー。日本女子大学家政学部食物学科・管理栄養士専攻卒。現在は特保栄養指導やペットフード・時短料理等のレシピ開発を行っている。各地で簡単ヘルシークッキング教室、ワンちゃんと一緒に楽しめる料理教室を開催。

ADVERTISEMENT
コメント3

撫子さん

我が家のビーグルは慢性腎臓病です。簡単なトッピングなどを教えてほしいです。

|

アニコムスタッフ

マフィンくん様

お問い合わせありがとうございます。

食べてくれないのは、本当に心配ですよね…。
鼻腔癌の治療中とのことで、
食べていいもの・そうでないものもあるかもしれません。

お子さまの治療のためにも、
かかりつけの先生にご相談いただくことをおすすめします。

どうぞよろしくお願いいたします。

アニコム

|

マフィンくんさん

下痢症状で薬も飲まず、食事も何しても食べてくれません。今鼻腔癌治療中です。どうしたらご飯を食べてくれますか?

|